/**/

ミニタペも集めれば!

写真を整理していてフレンドシップ・キルトをみつけました。こちらは第2回作品展の時に生徒さんの「バラのミニタペ」を繋ぎ合わせて一つの作品にしたものです。一つ一つのミニタペだけでもとてもおしゃれで格好いいのですが、フレンドシップ・キルトとして集合体にしてみれば圧倒的な迫力で見る人に迫ってきます。

 

一輪の花から花園へ・・、でも単に数が多くなっただけでなく個々の作者の思いが入り乱れ競いあう中に調和も生まれるので何だか怪しい魅力が一杯広がっているような感じがします。

第一回作品展の時のフレンドシップ・キルトはクリスマスのミニタペを集めています。この時はフレンドシップ・キルトを意識したというより単に「みなさん!集まってくださ~い。」的な作品になっています。

それでも一つのテーマのもとに集めているので枚数以上の楽しさ、面白さが溢れているように思います。



第三回作品展になるとフレンドシップ・キルトは一旦お休みをしてしまいました。この時のミニタペのテーマは「ハウス」。出来上がった作品を集めて見ると個々の作品だけでも非常にインパクトが強く繋ぎ合わせて新たなイメージを生み出すことなど難しいと思ったからです。


その結果「ハウスのミニタペコーナー」的な展示になってしまいましたがそれでも一つ一つの絵柄がメルヘンティックで個性豊かに輝いて楽しい演出ができたように思います。

フレンドシップ・キルトの極めつけは第4回作品展の「アンセニウム」です。玄関マットとして作った皆さんのミニタペ風アンセニウムを繋ぎ合わせた大作です。

単純なデザインの作品も寄せ集めると何だか前衛的な図柄のようになって最早や誰の目にも玄関マットのイメージは思い浮かばないことになりました。

 

作品は楽しさ、面白さ、可愛さが一杯凝縮してアートな仕上がりになったように思います。


来年はいよいよ第5回目の作品展です。フレンドシップ・キルトは紫陽花のミニタペを繋ぐ予定をしております。


もちろん沢山のミニタペを繋ぎ合わせるからにはアンスリウムのフレンドシップ・キルトのように個々のミニタペにはない新たな可愛さ、楽しさ、面白さが溢れる作品をめざしております。ぜひまた見に来て下さいね。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    マルセル (土曜日, 21 11月 2015 22:29)

    フレンドシップキルトには、その時々の想い出も縫いこまれるのですね。作品展が終わった後は切り離されて、元の作者さんの元に戻るのでしょうか。一瞬の永遠、永久の香りですね。あじさいのフレンドシップキルトもとっても楽しみです!!!

  • #2

    キルトはうすFu布 (日曜日, 22 11月 2015 14:32)

    マルセルさん コメントありがとうございます。

    フレンドシップ・キルトはある意味「はかない夢」のようなものかもしれませんね。皆さんの情熱が集って盛り上がり一瞬「形」になって昇華する。だからこそ一枚一枚のミニタペにはない魅力が備わるのだと思います。

  • #3

    マルセル (火曜日, 24 11月 2015 10:03)

    サイトがどんどん変化していってますね!淡いピンクのベースに、えんじ色の配色も温かみがあって落ち着きます。文字情報より画像がたくさんあって、見ていて楽しいです。トップのバラ色のマリナーズコンパスもカッコイイ!どんどん進化していくサイトをずっと応援していきま~す!!

  • #4

    キルトはうすFu布 (火曜日, 24 11月 2015 13:56)

    マルセルさん コメントありがとうございます。

    サイトはリニューアルしました。お教室のポリシーが「パッチワークを楽しむこと」なのでサイトも「見て楽しくなる」ようなページを目指しました。

    作品展を控えて引き続きメンテに力を入れ楽しい発信を心掛けますのでよろしくお願いしますね!