/**/

イチゴのショートケーキ

マドレーヌの次はイチゴのショートケーキを作りました。もちろんこれも変わりポーチの一つです。

 

こうして写真で見るとまるでショートケーキがお皿にのっているみたい!?  でも実際は布で作った平面的なポーチです。もちろん立体的にするとさらに楽しいのですがバッグに入れるとたちまち型崩れしそうなので使い勝手を考えてぺしゃんこにしました。

イチゴのショートケーキの色はイチゴの赤とかスポンジのオフホワイトが印象的です。そこで布は小さいイチゴ柄とか赤の無地のものを準備しました。

布をカットして並べて見ると扇形の布があるだけで何となくショートケーキの雰囲気が漂いますね。

ポーチの表側布にはデコレーションを施します。ケーキの表面に当たるところやサイドに当たるところにそれぞれイチゴや生クリームを模した飾り付けをします。裏側布は今回はシンプルに一枚布にキルティングを入れておきました。

ポーチが出来上がりました。こちらは背面部分です。これだけ見ているとまるでハウスか何かを形どったみたいでとてもイチゴのショートケーキのイメージではありません。ファスナーがついているのでかろうじてポーチであることは分かるのですが・・。

 

やはり背面もショートケーキにした方がよかったのかな? とても悩ましいところです。

出来上がった「お菓子のポーチ」二つを並べて見ました。どちらも可愛くて手にするだけで楽しくなってしまいます。

 

作るにあたってはマドレーヌは立体的な形にこだわっただけ一工夫も二工夫も必要で手間がかかってしまいました。それなのに完成した作品は質感も大して変わらず、使い勝手も優劣つけがたいように思いました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マルセル (日曜日, 11 10月 2015 07:35)

    作る楽しさってこういうところにあるんだな、と思いました。どちらも可愛くて二つもって出歩きたいです。プレゼントにも喜ばれるでしょうね!!

  • #2

    キルトはうすFu布 (日曜日, 11 10月 2015 10:50)

    マルセルさん コメントありがとうございます。

    シックで控えめなマドレーヌに対し可愛いくて少し派手なイチゴのショートケーキ、見た目の印象は対照的なポーチですね。私も持ち歩くとしたら二つとも選びたいです。(笑)