/**/

動物の小物

暮に今年の干支である羊さんの小物を作ってからまたまた動物の小物作りにはまってしまってしまいました。

何年か前に割と大きめの 「うさぎ」 のお人形さんを作ったことがあるのですがそれを見て無性にまた 「うさぎ」 を作ってみたくなったのです。

早速製図に取りかかります。羊さんの時もそうだったのですが動物の小物は頭や顔を立体的に作るため展開図を描くのがすごく難しいです。適当に描いて実物を作ってみると薄っぺらな顔とか頭になってしまったりして・・ 。 そんな場合ごく小さい小物であればあまり目立たず気にもならないのですが、そこそこの大きさになるとやはり違和感が溢れてしまいます。なので出来上がりを予測して慎重に描かなければなりません。


よりリアルなものにするには多面体を意識して描くことになるのですが、今回は手作りのお人形さんということでそこまでこだわらないことにしてとりあえず三枚の布で袋を作りその中にキルト綿を入れて頭を作ることにしました。

布はうさぎさんなので白の布を使います。布屋さんにちょうどガーゼ調の布があったので早速買ってきました。すべすべの木綿ではないので顔や腕等お人形さんの肌にちょうど良い感じです。またお洋服に使う布は出来上がりの大きさが長さが40㎝そこそこなので少し細かい柄のものを選びました。

??? まだまだ作成途中のボディです。胴体にキルト綿を入れる前に一度各パーツを並べて見ました。

 

頭や手足にキルト綿が入って何となくお人形さんのイメージですがこの状態からはなかなか出来上がりの姿を想像することは出来ません。

胴体を完成させると本当にお人形さんらしくなるのかしら?少し心配だな。

ボディのパーツをくっつけてスカートの布を巻きつけてみました。ここまで来ると何となく完成のイメージが湧いてきました。やれやれ。

スカートの布も良く似合っている感じです。布の柄がお人形さんのサイズにマッチして自然な仕上がりになりそうです。

出来ました。うさぎさんの完成です。女の子なのでおしゃれして手にはブーケを頭にはバラの髪飾りを付けて可愛くしてみました。

椅子に座らせると上品な感じでとっても素敵です。


こうして見ると私は動物の小物はやはり置物よりもお人形さんの方が好きかな?こんなお人形さんのワンディレッスンだと多分喜んでもらえそうですが少々手間がかかるので思案のしどころです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マルセル (金曜日, 16 1月 2015 10:58)

    うさぎさん、本当に愛らしいです!プロセス写真に魅せられてどんどんスクロールしていくと・・・・完成品に感激しました!!ブーケを手に歌っているようです。最初は腕の付き方から「うさぎの指揮者さんかな~」と思って読み進めていたので感激もひとしおでした。髪飾りやブーケにされている小物使いも勉強になりました。

  • #2

    キルトはうすFu布 (金曜日, 16 1月 2015 22:18)

    マルセルさん コメント有難うございます。

    実はうさぎさんは二種類作成中でその片方が出来上がったので取り上げてみました。 最初からブーケを持たせようという考えはなかったのですが、お洋服を着せていくうちにイメージが湧いてきてブーケに落ち着いたような次第です。

    もう一つのうさぎさんは手足の関節を工夫していろいろなポーズがとれるお人形さんにしようと考えています。
    またぜひ見て下さいね。