/**/

まあるいポーチ

久しぶりにポーチを作って見ました。これまで小鳥さんのポーチやショートケーキのポーチ等変わった形の作品が多かったのですが、今回はデフォルトに回帰、フツーのポーチにしました。

表面の布をパッチワークにしたくていろいろとパターンを考えたのですが、結局クラッシックなコンパスで飾ることにしました。そしてパターンが決まるとポーチの形も自然に丸型になってしまいました。

 

縫い合わせたピースを裏から見るとまるでタペストリーのパターンの一部みたいです。ポーチの表面用なのでピースは粗めですが縫って見るとタペストリー「朝のはじまり」を思い出してしまいました。

ポーチの表面と背面です。写真だけ見ているとサイズもわからないので何だかコースターや鍋しきと勘違いしてしまいそうです。

でもお鍋やグラスの下敷きになる小物と違ってポーチのパターンは人目に触れることも多いので、布も少し贅沢なカットをして「柄」が生きるように工夫をしました。そしてコンパスの中央には赤と黄のコペンハーゲンの布を配しアクセントを付けて見ました。

形もそしてシックな色合いや柄も大人しい風合いに仕上がりました。バッグにそっとしのばせておき必要な時にさりげなく取り出せばきっと大人のセンスが光るでしょう!?

 

バッグにしのばせて、さあ今日はどのお洋服でお出かけしようかな?!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マルセル (日曜日, 05 6月 2016 23:00)

    布とデザインがピッタリですね。真ん中のコペンハーゲン?の布、パッチワークしていないのですね。この作品のための布のようです。こんなポーチが手に入ったら、毎日がハッピー~。作るの今からワクワクです!!オリジナルデザイン、私もいつかできるようになりたいです。

  • #2

    キルトはうすFu布 (月曜日, 06 6月 2016 07:00)

    マルセルさん コメントありがとうございます。

    真ん中のパーツは見てのお楽しみ! 素敵な布を選んで作ってみてくださいね。