/**/

作品展を振り返って


北入口からSpaceろさんじに通じる廊下です。春夏秋冬これまで季節に合わせて作品展を繰り返し、その都度ポスターを掲出してきたところです。いつも季節に合った飾り付けが施されていたのですが今は桜も終わり端境期になったのか目立ったデコレーションはありません。

今回は5回目ということで四季で言えばまた新たなサイクルの第一歩を印しました。

連日たくさんのお客様にお越しいただいてとってもにぎわいました。朝、少し気になるほどのボリュームで流していたBGMもいつのまにか談笑にかき消され、時に空間が息苦しくなるほどでした。

キルトの森のワンダーランドはお子様にとっても人気があって、せがまれて足を踏み入れるお母様の姿も印象的でした。

そして毎日5時を過ぎるとようやく静かになります。この時間帯こそギャラリーが一番ギャラリーらしくなるひとときかも知れません。手作り小物たちもきっとホッとしているのでしょう!

キルトの森のワンダーランド、左が森で右はガーデンをイメージしています。手作りジオラマ風に飾り付けをしていますが、たくさんのアイテムをレイアウトするのはすごく大変。鉄道のジオラマとかの凄さが改めてわかったような気がしました。



動物ではふくろう、リス、ネズミ、クマ、うさぎ、ねこ、ひつじ、サル、小鳥、犬、植物ではツリー、かぼちゃ、キノコ、チューリップ。スィーツではショートケーキにデコレーションケーキ、そしてクッキー色々。小物の種類も多彩です。 大抵のお客様は「可愛い!」と言って下さいます。そしてそんな耳にやさしい言葉が聞こえてくるたびに「次も可愛い系のアイテムを必ずつくらなくては!」と意気込んでしまいます。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    パメラ (木曜日, 28 4月 2016 07:06)

    先生のレイアウト、本当に感激しました。全体のイメージを保ったまま、数か月かけてコツコツ作った小物たちを置いていく。地面や、立て方、数、配置、ボリューム、高さ、色彩設計・・・・。タペストリとの相性も抜群でしたね!我が家に戻った動物たちもお役を無事はたして、満足げに寛いでいます。

  • #2

    キルトはうすFu布 (木曜日, 28 4月 2016 17:27)

    パメラさん コメントありがとうございます。

     終わりましたね!たくさんの作品が一堂に会して本当に楽しい作品展だったと思います。
     しばらく余韻に浸っていたいところですが一つの作品展の終わりはすなわちまた新たな作品展への準備の始まりでもあります。また気分新たに頑張りましょうね!

  • #3

    Swing time - Okamoto & Andrew Castiglione from Boston (月曜日, 02 5月 2016 22:55)

    Loved the quilts. The animals in the forest are exquisite. Wish we could have been there to see them in person.

  • #4

    Quilthousefufu-Fusako (火曜日, 03 5月 2016 09:05)

    Hi Okamoto and Andy !

    I'm pleasantly surprised. Thank you for watching my website. Please come visit to Kyoto again. I'll show you my quilts and treat you.