/**/

coming soon♪

今回の作品展のテーマは「キルトの森のワンダーランド」。 森の小さな住人達が集います。 

水玉模様のキノコを見ていると小学校の頃(いったいいつの頃の話?) に理科の授業で教わった「ベニ天狗だけ」を思い出してしまいました。

たしか異様に目立つ毒キノコだったと思います。 でもお教室のキノコはどんなに派手でも毒はありません。純粋に可愛いキノコです。

最近のお教室は森のキャラクター作りに余念がありません。

キノコ作りも何個か手掛けると手が慣れて来ます。タペストリーと違って出来上がりの姿が簡単に描け、短時間で完成できるので制作していても不安?は全くなくついついおしゃべりしながらの作業になってしまいます♪

こちらは完成したUさんのタペストリーの一部です。可愛いハウスが一杯のパターンはビギナーの意気込みが随所にうかがえるようですね。素敵な作品の全容はぜひ会場でご覧ください。

こちらのハウスも可愛くてまさに「ワンダーランドのおうち」です。

ハウスもデザインによって雰囲気が変わるのは当然ですが、布の配色、柄、またその組み合わせ方でもイメージはすごく変わります。

赤い屋根のエントランス、中に入るとどんな雰囲気なのかしら?間取りは?お部屋の調度は?等々空想の世界が広がりますね。パッチワークて本当に楽しいです!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マルセル (日曜日, 21 2月 2016 12:28)

    ハウスのタペストリー、全貌を拝見するのが今から楽しみです。どんどん作品展の日が近づいてきますね。キノコも、新しいタイプができていて、ワクワクしてきました。ボタンをちりばめた上に転がすと愛らしさ倍増です!!

  • #2

    キルトはうすFu布 (日曜日, 21 2月 2016 17:24)

    マルセルさん コメントありがとうございます。

    タペストリーの完成に加えてレイアウトをイメージしての小物の整備とこの時期めちゃくちゃに忙しいです。でも生徒さんも私も一番充実した毎日だと思います。頑張りましょう!楽しみましょう!ハイ!