/**/

あじさい

ブログの更新がしばらく途絶えてしまいました。

「きっとおかあさんコーラス全国大会に向けて忙しいんだろうな!」そんな風に考えて下さる方もいらっしゃったみたいですが、実のところ私事で恐縮ですが旦那が突然入院して手が回らなかっただけなのです。

 

おかげ様で先日無事退院したので今日からまた再開します。

 

ここ数日の間に「うだるような暑さ」と言う言葉が登場してきました。テーブルに飾っていた紫陽花の花もいつの間にか姿を消してしまい、いよいよ夏本番が近づいて来ました。でも手掛けていた紫陽花のミニタぺはお教室の皆さんに人気があり急遽教材にすることにしました。

紫陽花と言えば四角の花のイメージがあります。ミニタペではアップリケの素材として「四角つなぎの花びら」を沢山準備しました。色合いや重なり具合を考えてレイアウトしアップリケを進めて行きます。

 

葉っぱや茎も同じように自分のイメージに合わせてアップリケして行きます。

アップリケが完成すると今度はキルティングです。紫陽花は梅雨を連想し「雨」のイメージにつながります。そこでキルティングも雨を表現しようかとおもいます。素材的には糸を水色とかグレイにしたりまたラメ入り糸を使って「雨」を目立たせたり、デザイン的には密度を工夫して「しとしと降る雨」とか「小ぬか雨」とかを表現できれば良いと思います。

 

でも実際に手を付けて見るとキルトで雨を表現するのはなかなか手強そうです。キルティング自体は簡単でも安易にリアルさを追えば作品として面白さに欠け、薄っぺらになってしまいそうな気がします。

 

思い立ったのは良かったのですが納得できるイメージが湧かないので今回は取り敢えず「しずく」のキルトを散りばめてみることにしました。

バックグラウンドに「しずく」のキルトを入れてパイピングすれば完成です。

 

今回のミニタペは一輪の紫陽花の花をモチーフにしていますが、作品によっては複数咲かせても変化があって面白いかもしれません。

 お教室でチャレンジしていただくミニタペではレイアウトは皆さんのイメージで挑戦していただこうと思っています。

紫陽花は最近では花の形も色合いもさまざまなものを目にするようになりました。こうして実際のお花を見ていると、もはやテンションの低い「梅雨」のイメージから抜け出してむしろ大人びた華やかささえ感じるような気がします。

 

お教室で取り組むミニタペも同じく「しっとりした控えめな華やかさ」を表現できればいいかなと思います。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    はなみずき (木曜日, 16 7月 2015 13:46)

    はなびらのモチーフはあんなにたくさんご準備されたのですね。そこから絵の具を選ぶように並べるのでしょうか。日本は四季がはっきりしているのでテーマには事欠かないですね!アジサイのパッチワークだけでも季節を感じますのに、重ねてキルトで梅雨を表現する・・・・キルトは奥深い!と改めて思いました。ご夫君の回復を心からお祈りしています!!

  • #2

    キルトはうすFu布 (木曜日, 16 7月 2015 18:10)

    はなみずきさん コメントありがとうございます。

    ご心配かけてしまってすみません。でももう大丈夫のようです。

    キルティングはタペストリーという大きなキャンパスに自在に線画を描くようなものなので、デザインを考える時はワクワクしますね。ただイメージの表現となると納得できる作品もなかなか難しく悩ましいものではありますが。

    試行錯誤、楽しみま~す。

  • #3

    まるさん (日曜日, 19 7月 2015 16:24)

    カットされた布の愛らしいこと!
    華やかなアジサイの花でしょう!

    じめじめの梅雨時も、このタペストリーで飾られたお部屋も爽やかに、明るくなるようですね!

    作品ひとつに、それぞれの思いを
    一針一針重ねで完成するのですね。
    私も布を触りたくなりました。

    さぁ~暑い夏の到来です。 
      ブログ楽しみにしています。

  • #4

    キルトはうすFu布 (日曜日, 19 7月 2015 23:14)

    まるさん コメントありがとうございます。

    台風で大雨が降ったかと思えば、今度は暑い日差しに熱帯夜ですね。
    紫陽花の季節はそろそろ過ぎ去ろうとしていますが、こんな時期にこそブルーの鮮やかな紫陽花のミニタペがあればお部屋の雰囲気もグッと爽やかになります。

    これからも季節のお花をモチーフにしてミニタペを一杯作って行きたいなと思っています。
    まるさんもぜひ挑戦してみてくださいよ!