/**/

残布で「シュシュ」作り、おちゃのこさいさい

リバティ布の残布があったのを思い出し「シュシュ」を作って見ました。

シュシュは凝ったものでなければ作るのは超簡単、おちゃのこさいさいです。街で買っても安く手に入るのでわざわざ自分で作るまでもないのですが、好みの素材を使ったりデザインに少しアクセントをつけると自分だけのシュシュが出来るのでとっても楽しくなります。

出来上がりのサイズが高々直径10cm~15cmのシュシュですがいざ作ろうと思うと結構布が必要です。切れ端で十分と思いきや幅はともかく長さが60cm~90cmも要ってビックリ!

 

今回は三個作ったのですが、そのうち一個はやむなく四角つなぎ風に二種類の布を繋ぎ合わせました。もっとも繋ぐことによって一枚布とは異なった風合に仕上がってかえっておしゃれになりました。

別の一個は共の布で小さなリボンを作りシュシュにくっつけます。蝶々にむすんだ小さなリボンを見ているとまるでお人形さんのちょうネクタイみたいです。

控えめな飾りで少しだけ変化をつけてみました。

最後の一個は市販のリボンをシュシュの全体に縫い付けました。それぞれ何かしらの特徴を持たせてみたのですが、改めて見ればいずれも有り勝ちなデザインになってしまいました。

 

でも手作りと言う部分では「とっておきの一つ」に違いありません。出来上がりを眺めていると早速髪にかざってどこかお出かけしてみたくなりました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    はなみずき (金曜日, 20 3月 2015 22:47)

    待ちに待ったブログの更新!!またまた新作の登場ですね!リバティのシュシュ、三つのバリエイションとても素敵です。髪は女性のいのち。美しく演出できるのも、女性ならではの楽しみですよね。春夏に向けて、ひとつ、作ってみようかな~

  • #2

    キルトはうすFu布 (土曜日, 21 3月 2015 10:02)

    はなみずきさん コメントありがとうございます。

    そうですよ! はなみずきさんもぜひシュシュを作ってくださいな! きっとお手元に沢山残布を持っていらっしゃると思います。それを利用しない手はないですよ!

    シュシュ作り自体はきっとはなみずきさんにも「おちゃのこさいさい」だと思います。ピースワークで作るのなら布と布の組み合わせの勉強にもなりますし、出来上がりは身を飾る楽しみが待っていますよ!