/**/

リングピロー

イチゴのデコレーションケーキ? いえいえこれはリングピローです。身内に婚礼を控えているOBの方からリングピローについてご相談を受けたので以前に作ったものを出してみました。

 

リングピローと言えば結婚式で指輪交換までの間それを保管しておくアイテムです。式場ではリングベアラーと呼ばれる新郎新婦の親族で10歳位までの子供が牧師さんのところまで運びます。

リングピローは専門のお店もあるくらいで最近の結婚式には必須のアイテムです。


「キット」もたくさん市販されているのですが、オリジナルのピローを作って差し上げれば一層思いが籠って喜んでいただけると思います。


先日の姪の結婚式では新婦の姪っ子が大役を演じました。その時の演出では指輪交換直前にチャペルの入り口から一人でリングピローを持ってバージンロードを進み牧師さんに手渡すことになっていたのですが、ただでさえ不安なのに会場の注目を一身に浴びて途中で足がすくみ大泣きしてしまいました。まだ2才の彼女には少し荷が重すぎたのかも知れません。

 

本来であれば愛らしい姿で挙式を一層華やかにする予定だったのですが、予想外?のハプニングで会場は大変なことになりました。けれどもそこは幼気な女の子のこと会場の雰囲気はかえって和んだように思います。

今回のリングピローは上品でかつシンプルなイメージを大切にしました。

白のサテン地でクッションを作り、レースとオーガンジーで飾り付けを施していきます。

ピローにはハートのレースを中央にあしらって留めていきます。そして四隅には同じくレースをかけて引き締めます。白のサテン地を使用することによって純真無垢のイメージを大切にしながらゴージャスな雰囲気を演出しています。



次に上からシルクオーガンジーをかぶせシャドーを掛けます。そしてピローの周りをレースで留めて始末が見えないようにしておきます。最後に中央にリングを留める白いリボンを2本つければ出来上がりです。

 

さてさてこのリングピローはどんなカップルの絆を留め、そしてどんなリングベアラーによって運ばれるのでしょうか?出来上がりを眺めているといつしかリングピローが演出するウェディングに思いを馳せてしまいました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    はなみずき (木曜日, 05 2月 2015 07:20)

    リングピローにもいろいろなパタンがあるのですね。結婚式は改めて自分の生活を振り返る幸せな機会ですね。姪御さん、頑張られましたね!!こんな素敵なサテンのリングピローで人生の門出を迎えれば、幸せになること間違いなしですね!!!

  • #2

    キルトはうすFu布 (木曜日, 05 2月 2015)

    はなみずきさん コメントありがとうございます。

    本当にリングピローは色々なタイプのものがあるようですね。人目につく機会こそ少ないですがデザイン的には可愛い系とかゴージャス系あるいはシンプル清楚系等々あって選ぶのに悩んでしまいます。また機能面で本番では簡単にリングが外れるものを希望とかもあって(笑)。 
    でも作って差し上げる時は色々な情報をもとに喜んでもらえるものを作るよう心がけています。