/**/

ル シャポー

もっぱらタペストリー制作の毎日、たまには何か少し変化が欲しくなりますよね。・・となればワンデイレッスンでも始めますか?

 

盛夏に向けてのファッションアイテムで何か簡単に出来るものはないかな? 布遊びをしながら実益を得られるものを作りたい。そうだ!お帽子を作ってみよう!ル シャポーだ。

 

これ、ワンデイの第一候補にしようかな?

 

お帽子か・・。何だか難しそう! いいえ、いざ手がけてみると意外と簡単にできるのです。

 

形はシンプル。でも自分の大好きな布でつくれば世界でたった一つの素敵なお帽子が出来ます。

 

今回はリバーシブルにするので布は二種類を用意し、それぞれ型紙通りにカットして表布には薄めの接着芯を裏面に貼り付けます。


まず接着芯を貼り付けたパーツを縫い合わせていきます。また頭頂のパーツも同じく縫い合わせます。

 

次に裏布(リバーシブルで表布になる)を丁寧に縫い合わせます。

 

写真を見ていると帽子と言うよりはお花みたいです。

布を縫い合わせて表替えししたものです。エェッ?これが帽子なの?  そうです。あと「鍔」(つば)にあたる部分はバイアスでパイピングをして形を整えれば出来上がりです。

 

大丈夫なのかな?これだけ見ていると「帽子」と言うよりは何か小物入れかカバーみたいに見えるんだけれど・・。

これでは如何でしょうか?お帽子に見えるでしょう?ありふれたデザインだけれど布や柄はなかなかおしゃれな感じでまさに「オンリーワン」のお帽子です。

 

モデルはちょっと!? そう!実は私です。でも後ろ姿は素敵でしょ?!

こちらは色違いのお帽子です。リバティーの布で作ったお洋服とお揃えになりました。

 

出来上がった二つのお帽子を見比べると布の種類とか柄でこんなにも雰囲気が変わってしまうのですね。もっともこちらはリボンが付いている分「可愛い系」が強調されるのかもしれませんが。

身に着けるアイテムはサイズという要素が出て来ます。ポーチやバッグといった小物類では少々の大きさの違いは問題ないのですが、「お帽子」となると形やデザインによってはワンサイズではカバーできる範囲は小さいかもしれません。

 

このお帽子をワンディで取り上げるとすると、ワンサイズで大丈夫かな・・・。