/**/

楽しい彼岸会?!


お彼岸のお墓参りのついでに「布博in京都」に足をのばしました。会場は木屋町通りに面した旧立誠小学校です。これまでにも夜桜見物で前を通ったことはありますが、中に入ったのは今日が初めてです。

 

こちらの建物は講堂だったようです。重厚な雰囲気が残っています。開場後はあっという間に人、人、人で埋め尽くされてしまいました。

 


新進気鋭の布デザイナーさんたちの斬新な柄が光ります。布そのもの以外にもバッグや小物そして「くるみぼたん」等が所狭しと陳列されていました。

 

ショップで可愛い花柄の「風呂敷」を見つけました。インド綿の木版プリントだそうです。テーブルセンターにしょうかな、それとも何か小物をつくろうかな?とっても迷ってしまいます。

 

「くるみボタン」の試作コーナーがありました。出展されているデザイナーの方の作品の端切れで作ります。これはペイズリー柄のようです。さてどの部分を使って作ろうかな?夢中で考えているといつの間にかお寺に行く時間が迫って来ました。

 


さて今日のお出かけの本来の目的はお寺の彼岸会です。しぶしぶ、いえ、早々に小学校を後にお寺に回りました。そしてお墓まいりの後は桜のことが気になって近くの哲学の道に寄ってみました。つぼみはだいぶ膨れて来ていますがまだまだ花が咲く雰囲気ではありません。

 

哲学の道

それでも今日はいいお天気でしかも暖かさを感じる一日です。あと1週間もすれば咲き始めるのかもしれません。そうしたらきっとこの小道も景色が一転、お花見の人出で埋め尽くされることでしょう。開花が本当に待ち遠しいですね!