/**/

X'masリースのミニタペストリー 続き

出来上がったトップを裏面から見るとこんな風になりました。ピースを縫い合わせた後の縫い代はきちっと片倒しにしてアイロンで整えます。こうして見るとなんだか楽屋裏を覗いているみたいです。

 

 

トップを表に反すとこんな風です。表と裏のギャップの大きさにびっくり。でも何となく全体のイメージが湧いてきました。

 

 

キルト綿をトップと裏打ち布でサンドイッチにしてしつけをかけます。そしていよいよキルトを入れていきます。針目はそろえて丁寧に入れていきます。

 

 

全体にキルトを入れ終わったら、パイピングをしていきます。今回はリースの緑を際立たせるためにパイピングは敢えてバックグラウンドと同じ布を使ってみました。

 

 

赤い小さな鈴があったのでヒイラギの赤い実として散りばめてみると結構アクセントになりました。そして赤のリボンにはスパンコールをつけて可愛く仕上げてみました。これでクリスマスの飾りが一つ出来上がりです。早くクリスマス来ないかなぁ!